FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ましろ色シンフォニー

ましろ色シンフォニーのレビューです。
ましろ色シンフォニーましろ色シンフォニー
(2009/10/30)
Windows

商品詳細を見る


というわけで、今年大注目作品のましろ色シンフォニーです。やってみたら前評判以上の出来で、大満足でした!なので、今回はいつも以上にたくさん書こうと思っています。


ストーリー(wiki参照)
ごく普通の中流家庭の人々が住む「新市街」と、裕福層が主に暮らす「旧市街」の二つの区域から成る町「各務台 (かがみだい)」。

新市街に住む少年「新吾」は男女共学の学校「私立各務台学園」の2年生だが、その学園は経営難に陥ったことで来年3月をもって閉鎖される予定である。各務台学園は旧市街にある名門女学校「私立結姫(ゆいひめ)女子学園」、通称「結女(ゆいじょ)」への統合が計画され、現在の各務台1年生・2年生は来年4月より結女へ編入することになっていた。

正式な学園統合以前の試験期間として、今年10月からの半年間、数十人の各務台生徒が先行して結女へ転校することが決定された。同じ各務台に通う妹の「桜乃」、男友達の「隼太」と共にその選抜生徒のメンバーとなった新吾は、三人で一緒に結女へ通い始める。

結女にやってきた新吾は、世話好きなメイド少女「アンジェ」、優しい上級生の「みう」、明るく元気な「紗凪」といった女生徒達と知り合い、まもなく親しくなったが、学園長の一人娘にして学園統合に否定的な「愛理」とはなかなか打ち解けられなかった。

そんなある日、新吾はいつも完璧な優等生として周囲からの人望が厚い愛理が、他人には決して話せないある深刻な悩みを抱えていることを知ってしまう。その出来事がきっかけで、これまで頑なな態度をとっていた愛理は、段々と新吾に気を許すようになる。


ヒロイン
メインは4人で、属性はそれぞれツンデレ・義妹・メイド・先輩。
それぞれがその特性を生かして全員萌えた!萌え点に関しては満点以上でした。


シナリオ
ライターさんが3人いるんで、保住圭→(愛理、アンジェルート)、おるごぅる→(みうルート)、北川晴→(桜乃ルート)らしいです。

愛理ルート

とりあえず、ツンデレキャラなので最初は新吾を嫌ってます。物語が進むうちにデレてくるのですが、
彼女のデレは破壊力ありすぎです!!
こんなにもデレに悶えたキャラは初めてです。あの姿で「……し、新吾なしじゃ、もうやなの」とか言われた時は正直理性が飛びました。

付き合ってからの見事なバカップルぶりてしたが、そんな時に学園統合廃止の噂が出てきます。このままでは新吾と離れ離れになってしまうと思った愛理は、全校生徒に廃止中止に協力を頼むのですが、以前統合に反対していた愛理が言うと説得力が無い。さらに、クラスメイトには彼氏と別れたくないからだから協力したくないと言われます。
まあ、そこを何とかするのが主人公なんですが、そのときの新吾の「好きになったものはしょうがないだろ!」にはさすがのクラスメイトも呆れましたが、親友のアシストもあり協力してもらうことに成功しました。

そんな感じで、なんとか全校生徒の署名が集まり、学園長(お母さん)に提出。母娘の関係も改善され、エンディング。

エピローグ:着物姿の愛理とみんなで愛理の実家で正月を過ごそうというもの。愛理の艶姿はほんときれいでした。

ちなみに、作中で席替えをするシーンがあるんですが、前フリで「今日は運勢最高だから、絶対新吾の隣になるわ」と言いました。案の定、席はさらに遠くに…。ええ、分かってましたよ。前フリの時点でこうなることは。

桜乃ルート

私の萌えポイントの安玖深音×義妹キャラです。

最初から新吾に好意を寄せていたのですが、義妹ルートにありがちな兄妹で長く一緒にいる分、その好意に気づかない的な感じで始まります。新吾が告白される所を見てその好意に気づき、それに合わせて新吾も桜乃を意識し始めるというありがちなパターン。

お互いの気持ちを感じ取り、付き合うようになっても周りのメンバーは祝福してくれても、兄妹で付き合うのは世間的にはやはりよろしくないらしく、桜乃はクラスの人に嫌なことを言われて家に帰れなくなってしまう。心配した新吾は桜乃を探しにいき、ある場所で見つける。

そこは、かつて幼かった2人が兄妹となった場所…。その場所で今度は恋人として一緒に歩いていきたいという新吾。桜乃はその言葉を信じてもう1度、新吾に好き‥と言う。
(私個人の意見ですが、このときのCG演出はやばかった…。桜乃が顔を上げるとき、桜乃(子供ver.)の顔も出てきたので思わず泣きそうになりました。)

そんな時に、学園統合の廃止が正式に決まり、男子は各務台に戻らなくてはならなくなった。女子はどちらか選べるのだが、桜乃は愛理達と過ごしてみたい、結女には思い出がたくさんあるということで結女に残ることに。
クリスマスに結女におなじみのメンバーが集合。学園は別になるが、こんなことで会えなくなるわけではない。またみんなで集まろうと約束する。

エピローグ:桜乃の卒業式。久しぶりにみんなが集まってお祝いをしようというもの。そのときの桜乃の笑顔は素敵でした。髪も伸びててツインテールっぽくなってた

アンジェルート

その性格から、終始トタバタ感があり、見ていて楽しくなりました。最初はCVがみるさんとこ聞いて若干不安だったんですが、やってみるとこの人以外考えられないと思うから不思議です。

ストーリーは、仕える主人を探しながら学園の雑務をしているアンジェ。ある日、下校中の新吾が前を歩いているおばあさんを気にしながら歩く姿を見かけ、この人はいつも周囲に気を配っていて、自分に気を使っていないと知る。そんなアンジェはいつか、この人を支えたいと思うようになる。そこで考えたのが新吾のメイドになること。
そのときの学園長に言った「アンジェは新吾さんのメイドになりたいんですっっ……!!!」と、新吾に言った「アンジェはあなた様を、旦那様とお呼びしたいですっ」は私の心に響く名台詞集にランクインしました。

アンジェが主人を見つけたことに学園中は大騒ぎ。でも、全員に祝福されるあたり、アンジェの人望がわかりますね。しかしっ!そんなアンジェにもカチューシャが取れると子供のように泣きわめいたり主人(新吾)の世話をするときは緊張のあまり失敗したりするなど、弱点があったのです。普段の態度から180度変わるのでなかなかすごいギャップ萌えでした。

新吾のメイドとなったアンジェは親の了解を得て瓜生宅に住むことになるんですが、今まで学園の雑務を全てこなしてきたアンジェが抜けると学園の運営に支障がでてしまう。そこで新吾は、アンジェの変わりに雑務をこなす委員会を作ることに。そしてアンジェを迎えに行くわけですが、このときの演出かまたすごい。この作品演出にかなり力をいれていますね。

学園を出て、瓜生家で生活をするのですが、毎朝濃厚なキスで起こしてもらうとか新吾を軽く殺したいと思…orz

今までお世話になった学園にお礼がしたいと思ったアンジェは、終業式に巨大クリスマスケーキを作ってみんなに食べてもらいたいと新吾とともにケーキ作りをすることに。噂を聞きつけた生徒も手伝ってなんとか完成する。そして終業式で披露するのだが、さすがは学園長。新吾とアンジェの2人に切り分けてほしいという。いわゆるケーキ入刀ってやつです。にくい演出です。

すべてが終わったあとに女生徒がアンジェのもとにきて、アンジェのようになりたいと言う。アンジェはそんな女生徒に言う。

「アンジェは転がってきた道を転がってきてきださい…。アンジェが…アンジェが教えてあげますから。」

エピローグ:新吾とアンジェは結婚し、2人は結女に戻ってきた。新吾は社会科、アンジェは新設の特別カリキュラム「メイド」の先生として…。
(てか、エンディング直前のアンジェのセリフってエピローグの伏線だったんだなぁ。)

みうルート

年上できょぬーだけど、ロリな先輩。萌え要素が複数あるのでビジュアルだけで◎。さらにCVが松田理沙さんとキャラとの相性が抜群です!!

先輩の勧めでぬこ部(正式な部活ではない)に入る新吾。紗凪に敵視(みう先輩を男から守るため)されながらもケガをした野生動物の世話をする新吾達。そんなときに、近隣住民の非難(野生動物への餌付け)や部室の前に捨てられた子猫の件で廃部に追い込まれてしまう。正式な部活として、学園という後ろ盾を得て廃部の危機はなくなったが、ぬこ部の風あたりは強くなってしまった…。

ぬこ部の活動のなかで新吾とみう先輩はお互いに惹かれていき、付き合うようになります。そこで新吾はみう先輩の家に呼ばれるようになるのですが、ここで、ましふぉに最強キャラのみう先輩のお母さんの天羽結子さん(CV:佐本二厘)が登場します。子供がいるとは思えないような若若しさで、歴代お母さんキャラNO.1だと思います。そんな結子さんに「このまま、うちの子になっちゃいませんか?」って言われて息子にならない男子はいないと断言できます。

この母娘のすごいところは、単体でも十分に萌えるのに、2人がかりで攻めてくると防御不能になるという点です。例えば、みう先輩と一緒にテスト勉強をするときに結子さんが現れて「私と保健体育の性について勉強しましょう」と言ったら、みう先輩は対抗して「新吾くんは私と一緒に妊娠・出産について勉強するの!」と言ってきます。この母娘のやり取りに私のA○フィールドはこなごなに破壊されました。

ここで1つ気づいたのですが、安玖深音×義妹=∞に加えて佐本二厘×年上=萌死が成り立つと思いました。

みう先輩ルートをする上で外せないのがぱんにゃです。ぱんにゃは先輩のペットではなく、もともと野生で暮らしていて迷子になっていたところを先輩が保護したのだという。出会ったときはぱんにゃは人間に心を閉ざしていてみう先輩にも怯えるくらいに人間を恐れていました。しかし、みう先輩の優しさに触れるうちに、良い人間もいるのだと思うようになります。

そんなある日、森でぱんにゃによく似た生き物を目撃するという噂が出てきます。確認するために新吾はみう先輩は森に行くと、その正体はぱんにゃのお母さん(通称ままにゃ)だと分かりました。先輩は、ぱんにゃは野生で生きていたのだから、ままにゃのとことに返そうと言います。先輩は新吾と一緒にままにゃのいる森にぱんにゃをつれていき、ままにゃに返そうとするのですが、その気持ちを感じたぱんにゃは思わず抵抗してしまいます。必死に説得するみう先輩の想いが通じたのか、ぱんにゃはままにゃのもとへ向かい、先輩は涙を堪えながら見守ります。ぱんにゃの姿が見えなくなり、新吾にすがるようにみう先輩は泣きます。(ぱんにゃとの別れのシーンで挿入歌が流れるのですが、これが涙にさらに拍車をかけるようないい曲でした。ここはみう先輩ルートで2大泣きポイントになると思います。)

ぱんにゃとの別れで無理をしているみう先輩ですが、新吾の慰めによりしだいに元気を取り戻していきます。みう先輩は元気になると、今後の活動として、野生動物のために特別カリキュラムに植林を加えてほしいと学園長に意見します。ぬこ部も次期部長に新吾がなり、環境保全部として活動するようになりました。

エピローグ:2大泣きポイントの2つめで、私が号泣したところ。エピローグに入ると文字が流れます。最初はみう先輩が結子さんに向けて語ってるのかと思いましたが、読んでいくうちにぱんにゃがままにゃに向かって語っているのだと気付きました。それに気づいたらダム崩壊。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん。このぱんにゃの気持ちを聞いて泣かない人は人間じゃないですね。絶対。
以下はそのぱんにゃの気持ちです。

「あのね、おかあさん。にんげんってね、おもったよりこわくないよ。やさしくて、あったかくて、いつもわたしをまもってくれる。だからね、おねがいがあるの。わたし、わたしね。また、あのひとたちにあいたい…」


CG
私の大好きな絵師さんの和泉つばすさんです。…これでどうやって減点しろというのてすか?


音楽
OP・ED・BGM・挿入歌、どれを取っても一級品です。減点のしようがない。


総評
シナリオはみう先輩が一番感動します。なのでみう先輩の攻略は最後のほうがいいですよ。

やり終わってみての一言。
なに?この作品!?神ゲー以上の出来じゃん!!
過大評価だと思われますが、実際、減点要素が見つからないんです。シナリオ・キャラ・音楽・システム…。どれを取っても神以上の出来で私自身も驚いています。今後、この作品を超える作品はこないんじゃないかな?そんな作品です。






ってか長っっ!!!気が付いたらこんなにも長くなってるなんて…。ここまでよく書いたなぁ。書いた自分を褒めたいです。とりあえすかこれ書いたらもう一回プレイしよう。

最後に、こんな素晴らしい作品を作って下さったぱれっとのスタッフ、ならびに関係各所のみなさん、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。ゆっくり休んで、また次回作に向けて頑張って下さい。

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ゆず風鈴

Author:ゆず風鈴
【好きなメーカー】
ゆずソフト AUGUST
AXL ぱれっと Whirlpool
FAVORITE
【好きな絵師】
むりりん こぶいち てんまそ
和泉つばす 司田カズヒロ
【好きな声優】
佐本二厘 遠野そよぎ
安玖深音 五行なずな みる
【一言】
そよよの声が素晴らしい!!

メーカーサイト様
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
応援中~1
fortissimo EXS//Akkord:nächsten Phase(フォルテシモエグゼス アコルトネクステンファーゼ) - 今度のフォルテシモは√3倍 そしてH+! いろとりどりのヒカリ 応援中!! はつドラ合同バナーキャンペーン開催中 『初恋1/1』応援中! AXL新作第8弾「Dolphin Divers」 2012年6月29日発売予定!
応援中~2
いろとりどりのヒカリ 応援中!! PULLTOP LATTEデビュー作『彼女と俺と恋人と。』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。